外国人女性とレディーファーストについて:レディーファーストってどんな事?


よく外国人女性と付き合う際には「レディーファースト」が必要と言われているけど?具体的にはどんな事なのか?



外国人女性、特に欧米の白人女性と付き合いたいと思っている日本人男性の中には「外国人女性とレディーファースト」の関係について一度は考えた事があるのではないでしょうか^^

何を隠そう私自身も、外国人女性を知るまでは、海外に行くまでは、この「レディーファースト」というコンセプトについて全く理解していませんでした。

日本では、レディーファーストという行為自体が一般的ではありませんので、過去の私も含めて「何故レディーファーストが必要??」と思っている方も多いと思います。

洋画、特にハリウッド映画、海外ドラマなどを観ていると「男性が女性に対してやたらとレディーファーストしている」という姿をよく目にします。欧米社会ではレディーファーストは、わりと一般的な行動・マナーなので男性の皆さんは普通に行っています。

過去の私も実際に自分がそんな環境におかれる事がなったので「どうしてそんなに女性に特別優しくしなければいけないんだろ!?」と思っていたような典型的な日本男児でした(笑)。



私もレディーファーストってなんだか知りませんでした(笑)



海外でみるレディーファーストって、大げさなものだと「女性が車から降りる時にはドアを開けてあげたり」、「レストランでは椅子を引いて座らせてあげたり」、「コート(上着を)着せてあげたり」などなど。

レディーファーストについて細かい事をあげればきりがありませんが、欧米人のカップルではこういった行動が当たり前なんですよね。

勿論、レディーファーストの程度は個人によっても異なりますが、やはり欧米諸国では「どんな年齢の男性でも女性に譲る・優しくする」という精神を持っている男性が多いですね。

そういった意味で見れば確かに外国人男性は紳士なのかもしれません。日本人女性で外国人男性のとの恋愛に憧れるのも無理はありません(笑)。


私もご多分に漏れず、外国人女性と出会い付き合うようになるまでは、付き合っている彼女に対しても、もしくは女性に対してレディーファーストをする事なんて考えもしませんでした・・汗。

一般的には通常の日本人男性であれば「女性に対してレディーファーストする」という習慣が日本にはないので!? レディファーストをする事に対してテレがありますし、何か非常に違和感があると思うんです。

外国人女性にレディーファーストをするならともかく、特に相手が日本人女性の場合、女性側もレディファーストに慣れていないので、その親切をどう受け取っていいのかわからないといった状況になりそうですしね(笑)



よく外国人女性と付き合う際に必要と言われている「レディーファースト」
よく外国人女性と付き合う際に必要と言われている「レディーファースト」


こちらの記事もお勧めです:



欧米人女性はレディーファースト騒いでいるようだけど?実際の所は?



私の場合は、たまたまアメリカやヨーロッパ、ラテンアメリカに住む経験があったので、自然と現地のルールに合わせて「ごうに入っては郷に従え」という状況の中々それらを学んだ事もあり(笑)

いつの間にかレディーファーストと呼べる!?ようなものがなんとなしに身につきましたが、日本で外国人女性(先進欧米諸国の女性)と知り合った方、付き合いだした方は、正直中々受け入れがたい行動なのではないかと思います。


まず第一に、日本でレディーファーストすると周りの日本人の視線も気になるし、ちょっと公衆の面前で堂々とレディーファーストする事はこっ恥ずかしいという方もいるのではないかと思います。

しかし、当の外国人女性達は実際のところ、レディーファーストについてどう考えているんでしょうか? 

答えを先に言ってしまうと「正直、外国人女性は過剰なレディーファーストは求めていない」というのが、私なりに出した答えます^^ ですから、白人女性と付き合いたいと思っている方!安心して下さい^^

彼女達、白人女性はそんなに”過度なレディーファースト”は求めていません!← きっぱり言います!^^ しかし、その一方で最低限度のレディーファースト、人に対する優しさや配慮、思いやりは必要だと考えています。


実はこのサイトでも過去の記事でレディーファーストについて軽く触れた事がありますが、やはり一般的な欧米の女性は男性から受けるレディーファーストに慣れています。

ですので、女性に対してちょっとした思いやりや優しさ、気配りが出来ない男性は「この人は何でこんなに不親切なんだろう?」、「これで男性として本当に大丈夫かな?」と思う事があるようです。厳しいです(笑)

が、しかし、映画に出てくるような過剰なまでのレディーファーストは必要ないと思っているようですよ^^


例えば、日本在住の外国人女性がからよく聞く男性のマナーで指摘される点として・・・「ドアを開けて先に通してくれる事がない」もしくは「後ろから人が来ているのに、お店のドアをおさえずにそのままドアを閉めてしまう」といったような事です。

細かい事はもっとあったと思いますが、とにかく自然に他人に優しく出来ない行動は変だと思っている子が多いみたいです。

また、困っている人に手を貸せないというタイプの男性は悪評のようですね~。例えば、電車でのマナー。これもよく聞きます。

たぬき寝入りしてしまって席を譲らないとか。優先席にすわり寝込んでお年寄りや体の不自由な人、妊婦などにも席を譲らないだとか。そういった面も彼女達からしたら信じられないようですよ。

そして、もっとNGなのが、ちょっと亭主関白的な気質のある古風な日本人男性というタイプです。日本ではまだまだ「女性は男性を立てる」という風潮があるので、そういった事を好む男性は多いと思います。

しかし、こういった昔かたぎの日本人男性を敬遠する白人女性は本当に多いようですね。(日本在住外国人女性曰く)


過去の私も含めて一般的な日本人の方は「外国人の社会マナー」について「あまり良くないのでは?」と思っている方がいると思いますが、それは全くの誤解で逆です。

私もアメリカやヨーロッパで暮らしていたのでわかりますが、こちらの男性、女性ともにとにかく他人に対してとても親切です。

もっというと他人との距離が近いので、困っている人には積極的に自分から近づいて声をかけるという習慣があるので、とにかく優しい人が多いです。つまり「他人ファースト」な人が多いですね。

ですから、当然女性に対してレディファーストがする事が常識的になっているので、日常で何度となく男性が女性を気づかう仕草を垣間見ることができます。

まぁこればっかりは文化の違いなので仕方ありませんが、欧米の外国人女性はこういった事を当然だと思っていますので、自分も他人に優しくしますし、自分もそうされて当然だと思っています。

ですから、言い換えると欧米諸国では「レディーファースト」というよりも「他人ファースト」という考えが徹底されています。ですから、特に男性は女性に優しくなるんですね。そして自分よりも弱者の人にはとても優しいです。








  管理人オススメの国際恋愛サイト

マッチ・ドットコム は英語圏は勿論、世界24カ国・1500万人の会員の中から恋人候補を探せる世界各国で非常に有名なコミュニティー・出会い・婚活サイトです。

また海外のドキュメンタリー番組のディスカバリーチャンネルでもサイトの宣伝している為に登録会員からの信頼も高いサイトです。

マッチ・ドットコムを使えば、日本の住んでいる外国人女性はもちろん、世界中の外国人女性・白人女性と出会えるチャンスが期待出来ます。マッチ・ドットコムは海外では一般の女性も普通に恋愛・出会いの為のツールとして利用している人が多いです。ですから色々なタイプの女性と出会える可能性があります。

下手に業者任せにしたお見合いやパブでロシア人女性(東欧女性)と出会うきっかけを作るよりも圧倒的にコストパフォーマンスに優れていると思います^^

勿論、マッチ・ドットコムを使う上では様々なテクニックやコツがありますが、何と言っても重要なのが「自己PRの欄」の書き方・魅せ方です。

これは当サイトでも以前紹介したようにしっかりと時間をかけて作り込んで書くようにして下さい。自己PRの部分を作りこむ事によって後々女性達と出会える確立にとても影響してきます。

   世界中の外国人女性と出会いたい方はこちら

マッチ・ドットコム



このサイトの詳しい体験内容はこちらページで紹介しています。
>> マッチ・ドットコム(match.com)の利用体験談




  管理人一押しの「国際恋愛ノウハウ」+「恋愛英語教材」


ここ最近、私が読んだ本の中で最も面白く為になった本です。外国人女性との出会いから恋愛~正式な交際~結婚までの流れがステップ形式に紹介されているフレーズ集。

特にナンパする為の英語や気に入った子に声をかける場合のフレーズや流れなどは非常に役に立ちます。

また、ネットで外国人女性との出会いを探す場合のノウハウやその際に使える英語の表現やニュアンス等も紹介されています。簡単に言うと国際恋愛ノウハウ+言語学習といった内容です。




  外国人女性と国際恋愛する為の恋愛英語教材:Love Talk Masterの公式ページ

とにかく詳しい内容は以下のレビューというリンクからご覧になって下さい。

love-english_banner

   >> Love Talk Masterを買って読んだ感想とレビュー


こちらの記事もお勧め:


Share this post